Andやorは訳さない

この記事は、2007-07-05 11:01:16 pmにポストしたものの再掲です。

構文の上でもandやorの処理にはコツがありますが、単語レベルで考えても、andやorにとらわれてはならないものです。

  • 例:Family or friends often positively contribute to health and wellness of a patient.
  • 通常の訳文:家族もしくは友人は、しばしば患者の健康およびウェルネスにポジティブに寄与する。
  • andとorを無視すると:家族・友人は、しばしば患者の健康・ウェルネスにポジティブに寄与する。

andとorは、確かに意味はちがうのですが、多くのものを並列する場合、英語では厳密にどちらかを使わねばなりません。どちらを使ってもかまわないような場合、あるいはどちらとも判然としないような場合でも、どちらかが選択されているわけです。これにつき合って、日本語でもいちいち「もしくは」「または」「と」「および」などの接続詞を使っていると、どんどん文章が硬く、読みづらくなってしまいます。もちろん文脈によるわけですが、あいまいにしてかまわないような場合は、接続詞は用いず、中黒「・」や読点「、」で並べておけばかまわないのです。「や」という接続詞も、andとorを限定しないので、便利に使えるものです。

  • 実用的な訳文:家族・友人が患者の健康にプラスの役割を果たす場合が多い。


→   1      5   6   7   8    10 
Comments