「気の利いた言葉」に気をつける

この記事は、2007-07-05 11:22:29 pmにポストしたものの再掲です。

さらにRoy Peter Clark博士によれば、「たとえシリアスな記事であっても、言葉をうまく使うことを忘れないように」として、具体的には「ニュース記事には滅多に出てこないような一般的な言葉を選ぶとよい」というヒントが示されています。これはけっこう日本語にはないセンスですから、頭の片隅に入れておくといいでしょう。

一般に、英語では日本語の文章よりもはるかに繰り返しを嫌います。同じ単語の繰り返しは、特殊な効果を狙った場合以外はできるだけ避ける普通です。ですから、人物名は初出以降はheやsheのような代名詞に置き換えて繰り返しを避けますし、それさえも単調になる場合には、「the man」、「this gentleman」、「the walker」、「little lady」、「tall guy」など、人物の属性を使ってその人を表し、なるべく同じ単語を繰り返しません(もちろん特殊な必要性がある場合は別です)。

ここで注意しなければならないのは、これらの人物を表す単語は、その属性を読者に伝えたいという目的で使われているのでは決してないということです。そういう目的を兼ねている場合もありますが、基本的には、「同じ単語を繰り返さない」という強い文章作法の要請にしたがったものです。ですから、たとえばあるファンタジーにみられるように、主人公の名前である「Violet」を「the Fairy」「little Fairy」などと言い替えた部分をすべて正直に「その妖精」「小さな妖精」などと訳していく必要はありません。主人公が妖精であることは読者にとっては十分にわかっていることですから、作者がここで「妖精」という単語を選択したのは、単純にVioletという単語が多出するのを避けるためなのです。ですから、翻訳文では、そういった英語特有の特性を無視して、「バイオレット」としてやってかまわないのです。

こんなふうに、英語で「言葉をうまく使う」というのは、結局は言い替えの問題であることが多いわけです。堅い文章を書くときには内容の正確性を期するために同じ単語を何度も繰り返すことが多いのですが(特に契約書や特許関連文書など)、それでもやはり、「シリアスな文章でも言葉をうまく使いましょう」とアドバイスされるわけです。

そして、言い替えを行う場合、お定まりの言葉を使うと記事が退屈になります。ニュース記事で登場人物の言い替えに「犠牲者」や「被害者」のような言葉ばかり使っていると、どの記事も同じに見えてきます。だから、「ニュース記事には滅多に出てこないような一般的な言葉を選ぶとよい」というアドバイスになるわけです。具体的には「歩行者」「高校生」「サッカー選手」などを指すのでしょう。

翻訳者は、こういった言い替えに惑わされないようにしなければなりません。言い替えのための言い替えである場合がほとんどなのですから、下手に忠実に従うと文章の流れをどんどん損なってしまいます。同じ単語の重複は日本語でも見苦しいものではあるのですが、日本語の場合、それは言い替えではなく省略で対応します。そういった言語の特性を理解するヒントが、こんなところからも得られるのです。


  1   2    4 
Comments